カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。

未分類

つけ麺のカロリーは高い!?食べても太りづらい方法がある?

投稿日:

温かいスープに冷たい麺をつけて食す「つけ麺」ですが、麺がスープを吸っていないぶん、ラーメンよりもカロリーは低いと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、実はつけ麺のカロリーはラーメンよりも高いので、太りやすいメニューといわざるを得ないのです。この記事では、つけ麺のカロリーや太りやすいといわれている要因、太らないようにする方法などを紹介します。

ラーメンのカロリーはどれくらい?食べることで太る原因とは

まず、つけ麺のカロリーを紹介する前に、ラーメンのカロリーから見てみましょう。ラーメンは、一般的に太りやすいメニューといわれています。しかし、一般的なラーメンのカロリーは「400~500kcal程度」です。昼食や夕食における、1食の理想的な摂取カロリーは、400~500kcalといわれていますので、特別ラーメンが高カロリーとは言えません。逆に、ちょうど良いカロリーと言えるでしょう。では、どうしてラーメンは太りやすいといわれているのかというと、塩分量によるものと言えます。一般的なラーメンに含まれている塩分量は5~8g程度です。日本人の1日に採取するべき塩分量は11gといわれているので、ラーメン1食で1日に必要な塩分量の多くを摂取することになるのです。

塩分を摂取し過ぎてしまうと、体内の塩分濃度が上昇します。すると、体は塩分濃度を薄めようとして、消化液の分泌を盛んに行うのです。それにより、空腹と感じるようになり食欲が増してしまいます。また、口の中をさっぱりさせたいと考え、ラーメンを食べた後なのに、甘いお菓子を食べたり、アイスクリームを食べたりすることもあるのではないでしょうか。これも、塩分などの濃い味つけのものを食べた後の口直しが、太りやすくなる原因になっているのです。

ラーメンのカロリーと比較!つけ麺のカロリーはどれくらい?

つけ麺は、ラーメンよりも太りやすいといわれています。それは、どのような根拠があっていわれていることなのでしょうか。一般的なつけ麺のカロリーは「約650kcal」です。ラーメンの400~500kcalと比べて高カロリーと言えます。そして、1食の理想的な摂取カロリーである400~500kcalも大きく上回ってしまっているのです。一方、つけ麺の塩分量は、4~5g程度になります。塩分量で比較すると、ラーメンよりも若干ですが少ないのです。塩分量が多いと太る原因になるといわれていますが、塩分量はラーメンのほうが多いので、つけ麺は太りづらいと考える人もいるかもしれません。しかし、問題はラーメンやつけ麺に含まれる脂質です。

一般的なラーメンで脂質が多いのは「味噌ラーメン」で、その脂質は11~12gとなっています。一般的なつけ麺の脂質は、19~20gとなっていて、ラーメンの約2倍の脂質が含まれているのです。つけ麺とラーメンを比較してみた結果、カロリーと脂質はつけ麺のほうが多いことがわかります。そして、塩分量はラーメンのほうが多く含まれているケースが多いのですが、つけ麺は高カロリーで脂質も豊富であるため、ラーメンよりも太りやすいということが言えるでしょう。

ほかにも考えられるつけ麺の太りやすい要因?

つけ麺には、ほかにも考えられる太りやすい要因があります。それは、つけ麺は太麺が多いということです。麺が太いということは、カロリーだけではなく、糖質も多く含まれていることになります。麺が太いということは、同じ1人前のつけ麺とラーメンでも、麺量自体が違うのです。一般的なラーメンの麺量は、1人前は100~150gです。一方、一般的なつけ麺は200~300gとなっています。1人前でも、つけ麺のほうが100gくらい麺を多く食べることになるのです。また、麺が冷たいので、食べるスピードがラーメンよりも速くなってしまうのも、太りやすい要因となります。一気に食べられるので、麺量が多いと感じることなく完食できてしまうのです。

女性の場合、温かいラーメン1人前をゆっくり食べると、食べている途中で満腹感を感じてしまい食べきれないということもあります。また、麺を食べ終えてからスープをすべて飲み干すことも、満腹を感じているため難しいことではないでしょうか。このように、麺量が多いつけ麺は完食できてしまうのに、麺量が少ないラーメンは完食できないという状況も太りやすさに関係しているのです。

つけ麺は食べる方法によって太りづらくできる?

店舗によっては、つけ麺の麺を温麺(温かい状態の麺)で提供してくれるラーメン屋さんもあります。温麺は、冷たい麺のように一気に食べることは難しいので、食べている途中で満腹感を覚えて麺量を抑えることが可能です。女性向けに「麺少な目」なども提供しているお店もありますので、一度「温麺」を試してみてください。そして、つけ麺の楽しみは、麺を完食した後のスープ割りではないでしょうか。麺のつけダレをスープで割って飲み干すのは、つけダレに含まれる塩分などをすべて体内へ入れることになります。ここは、スープ割をぐっと堪えて、麺だけを楽しみましょう。

つけ麺のカロリーは高い!食べかたを工夫しましょう

つけ麺は、ラーメンの400~500kcalよりも高い「約650 kcal」で、高カロリーの食べ物です。カロリー以外にも、塩分や脂質などの太りやすいとされるものが多く含まれています。しかし、食べ方を工夫することで、その太りやすいものを体内へ入れるのを、抑えることもできるのです。おいしいものを食べるときは、カロリーだけではなく食べ方にも気をつけて、体型維持を心がけましょう。

-未分類
-,

関連記事

蒙古タンメンのカロリーはどのくらい?カップラーメンの場合は?

辛さのなかにも美味しさがある蒙古タンメン。お店に食べに行くのはもちろん、カップラーメンでも手軽に味わうことができます。汗を流しながら食べる激辛ラーメンの魅力に、病みつきになっている人も多いのではないで …

そばの糖質とカロリーはどれくらいか?糖質とGI値に気を付けよう

そばは日本の伝統的な麺類の一つです。そばはカロリーが低くダイエットに向いている食べ物といえますが、糖質が多く含まれているため、注意が必要です。 目次 そばの糖質とカロリーダイエットにも有効な糖質が少な …