カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。

中華料理

野菜ラーメンなら安心?気になる野菜ラーメンのカロリー

投稿日:

ラーメンは高カロリーだと言われることが多く、ダイエット中には避けたいメニューの一つに数えられます。しかし、野菜がたくさんのった野菜ラーメンであればヘルシーなイメージもあるでしょう。そこで、野菜ラーメンのカロリーについて調べてみました。また、野菜ラーメンを食べても太りにくくなる方法も交えて紹介します。

ラーメンのカロリーの算出方法

ラーメンは麺とスープ、トッピングの3つの要素で構成されています。麺そのもののカロリーはそれほど高くなく、120gの麺をゆでた場合のカロリーは約343kcalです。これは、コンビニなどで売られているから揚げなどの揚げものが入ったおにぎり1個分に相当します。それでもラーメンが高カロリーだといわれる理由には、スープとトッピングのカロリーにあるでしょう。同じ麺を使用した場合のカロリーは、塩ラーメンの場合には約470kcal、醤油ラーメンは約480kcalと低カロリーです。しかし、とんこつラーメンになると約500kcal、味噌ラーメンでは約550kcalとカロリーが高くなります。

カレーライスのカロリーは600~700kcalなので、この時点では、ラーメンのカロリーはカレーライスのカロリーより低いと言えるでしょう。ただし、トッピングを加えるとラーメンのカロリーが大幅にアップするのです。60gのチャーシューで約104kcal、煮玉子で約81kcalが加算されます。一方で、野菜のトッピングはカロリーが低く、40gのもやしでは6kcal、20gのキャベツでも5kcalしか増えません。

野菜ラーメンならヘルシー!ただし選ぶスープに注意を

ヘルシーさが魅力の野菜ラーメンは、塩ベースのスープの場合には約600kcalです。これなら罪悪感を抱かずに食べられるでしょう。しかし、野菜をたっぷり使用したタンメンでは約800kcal、味噌ベースのスープを選ぶと約970kcalにも跳ね上がります。味噌ラーメンのカロリーは、こってりとしたイメージのあるとんこつラーメンよりも高いため注意が必要です。野菜ラーメンを選ぶ際にはできるだけあっさり系のスープを選ぶのがいいでしょう。成人の1日の合計カロリーの目安は男性で約2600kcal、女性の場合には約2000kcalと言われています。

1食分として考えると、女性の場合には約650kcalです。1食分の摂取カロリーを守るように心がけ、カロリーの少ないスープを選びましょう。しかし、どうしても背油豚骨スープや味噌ベースといった高カロリーの野菜ラーメンを食べたいという場合には、他の食事でカロリーを調整します。1日の摂取カロリーを守っていれば、少々カロリーの高い野菜ラーメンを食べてもカロリーの摂りすぎにはなりにくいでしょう。

野菜ラーメンで太らないためには塩分に気を付けよう

野菜ラーメンを食べる際には、スープを飲みすぎないようにしましょう。なぜなら、ラーメンのスープはどの種類であっても約5gの塩分が含まれているからです。塩分を取りすぎると体が水分をたくさん抱え込むようになり、体液量や血液量が増加することから体重が増えます。また、むくみやすくなるでことで代謝も低下し、太りやすい体になりやすいでしょう。むくむと見た目にも太った印象を与えますので、気を付ける必要があります。

一般的な成人女性の塩分摂取の目安は約7gです。塩分は、ラーメンだけでなくその他の食品からも摂取します。そのため、ラーメンを食べた日は1日の摂取量が7gを超えてしまうこともめずらしくありません。ラーメンのスープはできるだけ控え、塩分を取りすぎないよう心がけましょう。また、食べる時間も問題であり、間食やお酒を飲んだ後のシメに食べると太りやすくなるので注意が必要です。

食べたカロリーは積極的に消費しよう!

野菜ラーメンのカロリーは低めですが、間食として食べてしまったという場合には積極的にカロリーを消費するのがいいでしょう。カロリーは日常生活の中でも消費されています。1時間の睡眠中に消費するカロリーは約60kcal、自動車の運転でも約100kcalです。動いていない状態でもこれだけのカロリーが消費されますので、体を動かすことで野菜ラーメンのカロリーは消費できると考えましょう。簡単な運動では1時間の階段の昇り降りで約350kcalの消費が可能です。1時間も階段を昇り降りするのは大変ですが、エレベーターではなく階段を選ぶことでカロリーが消費されやすくなります。忙しくてなかなか時間が取れない人や、動くのが億劫という人も、これなら実践しやすいはずです。

また、1時間のヨガで230kcal、ゴルフの打ちっぱなしの場合には250kcalが消費されるのです。しっかりと運動ができる時間がある場合には1時間のテニスで430kcal、ジョギングでは500kcalが消費できます。カロリーを消費しやすい運動は水泳です。なかでも、クロールで1時間泳ぎ続けると1250kcalになります。このように、食べすぎてしまったら積極的に汗を流すようにするのが、野菜ラーメンに罪悪感を抱かないコツだと言えるでしょう。

野菜ラーメンのカロリーは少しのコツで抑えることが可能

野菜ラーメンは、野菜自体のカロリーが少ないため太りにくいメニューです。しかし、ラーメンのカロリーはスープによって異なりますので、塩ベースなどのあっさり系を選ぶのがいいでしょう。また、ラーメンのスープには塩分が多いことから、できるだけ飲まないように心がけることも大切です。さらに、食べた後には積極的に運動を取り入れましょう。そうすることで、カロリーを気にせずに野菜ラーメンが楽しめます。

-中華料理
-,

関連記事

ダイエット向き!低カロリーカップラーメンランキング

コンビニやスーパーに行くと、さまざまな味のカップラーメンが売られています。ちょっと小腹が空いたときや、料理する時間がないときなどに簡単に作れるカップラーメンはとても便利です。ダイエット中でも、たまに食 …

大阪の二郎系ラーメン

大阪周辺の二郎系・二郎インスパイア系ラーメンについて紹介します。 目次 自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店最寄り駅営業時間場所・地図あいすべきものすべてに最寄り駅営業時間場所・地図らーめん ま …

カップラーメンのカロリーは意外と低い?太りにくくする工夫も紹介

簡単に食事を済ませたいときや小腹がすいたときなどに、短時間で簡単に作れるカップラーメンは重宝します。切らさないように常にストックしてあるという家庭も多いでしょう。その一方で、ダイエットに悪影響がないか …

ダイエット中でもラーメンが食べたい人必見!カロリーや塩分をカットする方法

長い行列に並んででもラーメンを食べたいという人が後を絶ちません。ダイエットはしたいけれど、ラーメンだけはやめられないという人も多いのではないでしょうか。ダイエットの敵と思われがちのラーメンも、食べ方次 …

カップラーメンのカロリーは?スープは飲まないほうがいいのか

日本人にとってカップラーメンは日常的に食べてしまうインスタントフードです。一方で、カップラーメンはカロリーが高いという話を聞いたことがある人も多いでしょう。健康的に生活するうえで、カロリー計算は怠らな …