カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。一部の記事では管理栄養士による健康、ダイエット、美容情報などを発信しております!

中華料理

ラーメンやラーメン定食は高カロリー?抑えるためには?

投稿日:

ラーメンは季節を問わずにおいしく食べられるものの一つです。気付いたら1週間に何回も食べてしまったということもあるのではないでしょうか。しかし、ラーメンがかなりの高カロリー食品だということを知っていますか。ましてや、チャーハンやご飯、餃子などがセットになった定食を頼むと、さらにカロリーは跳ね上がります。この記事では、それぞれ一体どれくらいのカロリーがあるのかを解説します。

ラーメンは高カロリー?

ラーメン1杯のカロリーはおよそ600~700kcalだと言われています。カロリーだけ見たら意外とそこまで高くないと思われるかもしれませんが、ラーメンの場合はカロリー以外にも問題があります。それは、「高GI値食品」だということです。「GI値」というのは、グリセミック・インデックスの略称で、摂取すると血糖値が急激に上がるものを「高GI値食品」と言います。血糖値が上がるとどうなるかというと、「インスリン」という血糖値を下げようとする物質が分泌され、脂肪を作り出してしまうのです。

加えて、ラーメンは塩分が多く含まれています。その原因はラーメンのスープにあり、すべて飲み干した場合、一日に必要な塩分摂取量の半分以上を摂ってしまうことになります。さらに、塩分の方にも注意が必要です。揚げ麺のインスタントラーメンも多く、高カロリーになりがちです。

ラーメン定食のカロリーは?

定食にどのような料理が含まれているかにもよりますが、チャーハンなどの高脂質な食品が付いている場合は、軽く1000kcalを超えてくることがあります。さらに餃子も付いてくるとなると、より大きくカロリーは跳ね上がります。しかも問題なのは、定食で付いてくるものがほぼ確実に炭水化物であるということです。中には、ご飯がおかわり自由というお店もあるほどです。ラーメンも炭水化物ですから、同じ栄養素が被ってしまいバランスも悪く、より肥満に近づいてしまうことになります。どちらも脂質が高いということも注意しなければなりません。

カロリーを抑えるには?

カロリーを抑えるための1つ目の対策としては、「スープを飲みきらないこと」です。これはもっとも気軽にできる方法です。高カロリーかつ高塩分の一番の原因はスープにあります。したがって、麺や具は食べきっても、スープはすべて飲みきらずに残しておきましょう。スープが一番好きでゴクゴク飲んでしまう方は多いと思いますが、ここはぐっと堪えて我慢しましょう。定食でごはん類が付いていた場合は余計に誘惑が強いですが、他の具などをおかずにして食べ切りましょう。

2つ目の対策は、「野菜を一緒に摂ること」です。野菜といってもサラダなどのサイドメニューとして食べる必要はありません。ラーメンの上に追加するトッピングメニューとして食べるのです。具体的に言えば、もやしや長ネギ、メンマやキクラゲ、わかめなどが挙げられます。こうしたものを一緒に摂取することで満腹感が得られ、たくさん食べるのを抑制することができます。さらに栄養バランスも整って一石二鳥です。コツとしては、最初に野菜類を多めに食べることです。そうすることでうまく満腹感が得られます。

3つ目の対策は、「麺を変えること」です。ラーメンの麺は主に小麦粉でできており、炭水化物が主な成分です。麺にどれくらいの炭水化物が含まれているかというと、ご飯1杯分かそれよりも少し多いくらいの量で、かなりの糖質が含まれていることが分かります。そこで、麺をより低カロリーかつ低糖質に抑えられる中華麺や低糖質の麺に変えてみるとよいでしょう。もし、食感が変わっても平気ならしらたきに変えるという方法もあります。さらに健康を意識するなら、春雨にするという選択肢もあります。

4つ目の対策は、「お昼に食べること」です。実はラーメンを食べる時間帯によっても太り方は変わってきます。人間には「BMAL1(ビーマルワン)」という体内時計があり、お昼にはブドウ糖を増やして、夜には溜め込んでしまうという性質を持っています。そのため、お昼にラーメンを食べればうまく脂肪を燃やしてくれるのです。特に21時以降にBMAL1が増えやすいので、夜遅くになる前に食べてしまいましょう。そもそも深夜にラーメンを食べるのは、太るということ以前に、胃腸にも負担をかけるので健康的にも避けたほうが無難です。

その他に対策は?

上記に挙げた4つ以外にも、ラーメンを食べた日は運動をする、血糖値や中性脂肪を抑えてくれる「難消化性デキストリン」を同時に摂取する、ヘルシーさを売りにしているラーメンを食べるなどの対策があります。無理にすべてを実践しようとしなくても、どれか一つだけでも意識すると違うのではないでしょうか。自分に合ったやり方を見つけていけたらよいでしょう。

食べ方や時間に気を付ければカロリーも怖くない!

たとえダイエット中だとしても、ラーメンはどうしても食べたくなってしまうのではないでしょうか。ダイエット中なのだからそもそもラーメンを食べなければいいというのはもっともな意見ですが、なかなかラーメンの誘惑は強いものです。ストレスなく痩せるためにも、さまざまな方法を模索しつつ、上手にラーメンを食べましょう。

The following two tabs change content below.
カロリー計算編集部

カロリー計算編集部

カロリー計算編集部です。 皆様のお役に立てるような情報を日々発信しています!

-中華料理
-, ,

関連記事

ダイエット中でもラーメンが食べたい人必見!カロリーや塩分をカットする方法

長い行列に並んででもラーメンを食べたいという人が後を絶ちません。ダイエットはしたいけれど、ラーメンだけはやめられないという人も多いのではないでしょうか。ダイエットの敵と思われがちのラーメンも、食べ方次 …

インスタントラーメンのカロリーを比較!

インスタントラーメンは、幅広く愛されている人気の食品です。塩に醤油、豚骨とダシのバリエーションが豊かで、麺の種類も豊富にあります。調理するのも簡単で、気軽に食べることのできる食品だと言えるでしょう。し …

家系ラーメンのカロリーはどのくらい?

目次 家系ラーメンとは?家系ラーメンのカロリー家系ラーメンの有名店吉村家の直系吉村家の分家独自系参照カロリー計算編集部最新記事 by カロリー計算編集部 (全て見る) 家系ラーメンとは? 家系ラーメン …

ラーメンとハンバーガーのカロリーを徹底検証

ラーメンとハンバーガーといえばファーストフードのなかでもトップクラスの人気を誇ると言われています。さまざまな種類があるので、毎日食べても飽きないかもしれません。しかし、悩みの種になるのがカロリーです。 …

ダイエット向き!低カロリーカップラーメンランキング

コンビニやスーパーに行くと、さまざまな味のカップラーメンが売られています。ちょっと小腹が空いたときや、料理する時間がないときなどに簡単に作れるカップラーメンはとても便利です。ダイエット中でも、たまに食 …