カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。

中華料理

ラーメンのカロリーはどのくらい?麺だけ食べてカロリーダウン

投稿日:

ダイエットのためにカロリーを気にしている人も多いでしょう。カロリーコントロールすることで、ダイエットだけでなく健康的な生活をすることができます。しかし、おいしくて手軽なラーメンを食べたくなるときもあります。一体ラーメンのカロリーはどのくらいなのでしょうか。この記事では、ラーメンのカロリーや糖質、ダイエット中の食べ方などについて解説します。

ラーメンのカロリーは?味ごとに違いはあるの?

一口にラーメンといってもさまざまな種類があります。ラーメンのカロリーは味ごとに変わってくるのです。まず、もっともカロリーが低いのは塩ラーメンです。塩ラーメンのカロリーは、460kcal前後とそこまで高くありません。次に低いのが醤油ラーメンの490kcal前後です。味噌ラーメンは550kcal程度、担々麺は770kcalぐらいになります。ただし、塩ラーメンや醤油ラーメンを選んでも、トッピングによってはカロリーが跳ね上がってしまうので、注意が必要でしょう。油の多いチャーシューなどを多くトッピングしたチャーシュー麺は、600kcalほどになります。チャーシューをトッピングすることで100kcal程度増えてしまうのです。このように、ラーメンの味やトッピングによってもカロリーは大きく変わってきます。

ラーメンの糖質や塩分は?

ラーメンはダイエットによくないと思っている人も多いでしょうが、シンプルなラーメンを選べばカロリーはそれほど高くありません。しかし、ラーメンは多くの塩分と糖質が含まれていること、野菜などが少なく栄養バランスが悪いことが問題になります。ラーメンの糖質量は、味によって変動します。醤油ラーメンと塩ラーメンは、ラーメンの中では糖質量が低く一食当たり82~85g程度になります。対してもっとも多いのが、味噌ラーメンです。味噌ラーメンの糖質量は101g程度なので、高糖質な食品だと言えます。糖質を摂りすぎることで、インスリンが過剰に分泌され糖分を脂肪として蓄えてしまい、太りやすくなってしまうのです。

また、塩分が多く含まれているのも気になるポイントです。ラーメン1食に含まれる塩分量は、6g程度だとされています。厚生労働省が推奨する1日の塩分摂取量は男性8g、女性7gとなっているため、1日分の塩分のほとんどをラーメン1食で摂取してしまうことになるのです。塩分を摂りすぎると、高血圧や生活習慣病、むくみの原因になったりしてしまいます。そのため、ダイエットだけでなく健康のためにも、塩分摂取量の目安内に収めることが大切になります。

麺だけ食べることでカロリーダウンできる?

ダイエット中にラーメンを食べる場合には、スープを飲み干さずに麺だけ食べるようにするといいでしょう。ラーメンのスープには塩分と脂質が多量に含まれています。そのため、スープまで飲み干してしまうとカロリーや塩分、脂質過多になってしまうのです。特に、味噌ラーメンやとんこつ・鶏ガラベースのスープには脂質が多く、スープだけで300kcal程度になる場合もあります。麺だけを食べることで、塩分摂取量や脂質、カロリーを下げられるので、スープは飲み干さないように意識しましょう。どうしても飲みたい場合には半分程度残し、他の食事を控えめにしてカロリーコントロールすることが大切です。

さらに、麺の選び方も重要になります。ラーメンの麺にはいくつかの種類がありますが、それぞれスープの絡み方やカロリーが違うのです。ラーメンの麺は、生中華麺とインスタント麺の2種類があります。生中華麺が100gあたり285kcalほどなのに対して、インスタント麺は100gあたり450kcal程度になり、大幅にカロリーが増えてしまいます。そのため、ダイエット時にラーメンを食べる場合には、生中華麺のほうがいいでしょう。また、生中華麺の中でも縮れ麺はスープがよく絡みます。その分スープの摂取量が増え、摂取カロリーも多くなってしまうので、スープの絡みにくい麺を選ぶことがポイントになります。ストレート麺は比較的スープが絡みにくいため、ダイエット中でも安心です。

トッピングにも気を付けよう!

ラーメンを食べる場合には、トッピングにも注意しましょう。脂質の多いチャーシュー、炭水化物の多いワンタンなどを多く乗せてしまうと、カロリーや脂質の摂取量が増え、ダイエットにはよくありません。ラーメンは、炭水化物・塩分・脂質に偏っていることが問題になります。そのため、ラーメンを頼む場合には、もやしやネギ、にら、キャベツなどの野菜をトッピングするように心がけましょう。野菜を入れるだけで栄養バランスを整えることができ、より健康的な食事になります。また、麺よりも先に食べることで、血糖値の上昇が緩やかになります。さらに、他のトッピングする具材に比べて低カロリーなので、満腹感を感じやすくなる効果もあり、食事量のコントロールもしやすくなるのです。

ラーメンを上手に食べることで、カロリーダウン

ラーメンは、種類によっては500kcal程度と、そこまで高カロリーな食事ではありません。しかし、塩分や脂質、糖質が多く、栄養バランスが悪いため食べる際には工夫が必要です。スープを飲み干さず麺だけ食べる、野菜を多くトッピングして先に食べる、ストレート麺を選ぶなどすると、カロリーダウンにつながるでしょう。ラーメンを上手に食べることで、ストレスなくカロリーコントロールができます。

-中華料理
-, ,

関連記事

福岡の二郎系ラーメン

福岡の二郎系・二郎インスパイア系のラーメン屋についてまとめました。 目次 らーめん 大 福岡店最寄り駅営業時間場所・地図麺や 兼虎最寄り駅営業時間場所・地図龍の家 久留米インター店最寄り駅営業時間場所 …

【ラーメン】スープのカロリーと減らす方法

ラーメンといえばカロリーが高い食べ物の代表的存在といえます。ラーメンのカロリーが高い原因は麺やトッピングなどの具材による影響が大きいことが挙げられますが、ラーメンのスープにも健康に悪影響を与えるような …

くるまやラーメンのカロリーはどのくらい?

目次 くるまやラーメンとは?くるまやラーメンのカロリー中華ラーメン醤油ラーメン味噌ラーメン塩ラーメンカレーラーメンオリジナルラーメンくるまやラーメンの店舗参照 くるまやラーメンとは? くるまやラーメン …

ラーメンの糖質はどのくらい?

ラーメンの糖質は非常に高いことがわかっています。その理由はラーメンの麺が炭水化物であり、炭水化物はそのほとんどの成分が糖質であるためです。糖質は肥満の原因になる要因となることがわかっており、ラーメンを …

チキンラーメンはカロリーが気になる!ヘルシーに食べるためのコツとは?

手軽に準備ができて味もおいしいチキンラーメンをよく食べているという人も多いのではないでしょうか。しかし、そこで気になってくるのがカロリーです。インスタントラーメンという性質上、カロリーを心配している人 …