カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。

中華料理

ラーメンとチャーハンのセット!カロリーや太りにくくする方法を紹介

投稿日:

ラーメンとチャーハンは中華料理における王道のセットといっても過言ではありません。セットメニューがない店でも、必ず両方を注文するのが習慣になっている場合もあるでしょう。いずれにせよ、カロリーの摂取量が多くなるので注意しなければなりません。今回はラーメンとチャーハンに関して、カロリーや太りにくくする方法を紹介します。

ラーメンのカロリーは?麺とスープの両方に注意!

麺の量やスープの濃さによって変わりますが、ラーメンのカロリーは500kcal前後であるのが一般的です。スープのほうが高カロリーというイメージを持たれがちですが、実際には糖質を多く含む麺のほうが高くておよそ350kcalとなっています。つまり、全体の7割程度を占めているので、麺を大盛りにしたり替え玉を頼んだりすると、一気にカロリーの摂取量は増えることになるのです。そう言われると、できるだけ麺を少なくしてスープをたくさん飲めばよいと思う人もいるでしょう。満腹感を得るためのよい方法のように感じるかもしれませんが、それにともなうリスクには十分に注意しなければなりません。

スープは塩分濃度がとても高く、半分ほど飲むだけでも1日に必要とされている塩分の量を簡単に超えてしまいます。それを薄めるために体内に多くの水分がたまり代謝が落ちてしまうので、実際には麺だけでなくスープが太る原因になっているケースも少なくありません。そのため、ラーメンを食べるときは、カロリーと同じぐらい塩分の摂取量にも気を付ける必要があります。

チャーハンのカロリーは?具材や油の影響も大きい!

玉ねぎやネギ、ハムなどを入れる一般的なチャーハンのカロリーは500kcalほどです。炭水化物の代表である米がメインの食材なので糖質が多いですし、他の食材との組み合わせ次第でカロリーはさらにアップすることになります。たとえば、量と味付けは同じでも、ベーコンや焼豚をたくさん入れる肉主体のチャーハンは600kcalを上回ることもめずらしくありません。また、米を炒めるときに使用する油は1gあたり約10kcalもあるので、使い過ぎるとカロリーが著しく高くなる可能性があります。

とはいえ、本来チャーハンは野菜や肉をバランスよく使って作れる料理です。それでも太りやすいメニューと言われる理由として、ラーメンとのセットのように別のものと一緒に食べるのが基本であることが挙げられます。チャーハンを食べるつもりで店に入っても、それだけでは物足りなく感じて他のおかずも注文してしまうという人は多いでしょう。総合的なカロリーや塩分の摂取量が多くなりがちなので、太りやすいというイメージにつながっています。

スープなら自分で調整が可能!ラーメンのカロリーを減らす方法

ラーメンのカロリーを減らしたいなら、麺の量を少なくしてもらうのが効果的です。しかし、麺を減らすと腹持ちが悪くなるので、他のものをすぐに食べてしまう恐れがあります。そのような結果になると意味がありませんし、そもそも麺の量を減らす注文を受け付けてくれない店もあります。そこでポイントになるのはスープをあまり飲まないようにすることです。塩分の摂取量をできるだけ少なくすることで、むくみや代謝の低下を避けてカロリーの消費を促します。おいしくても飲み干すようなことはせず、数口飲むぐらいに留めておくのが無難です。

また、スープの種類や濃さに配慮することも忘れてはいけません。豚骨や鶏がらがベースとなっているこってり系のスープには脂肪分が多く含まれています。その分だけカロリーが高くなってしまうので、和風だしのスープを使ったあっさり系のラーメンを選ぶのも一つの手です。また、煮玉子や焼豚、メンマなどのトッピングを少なくすることも、脂肪分や塩分を減らすための基本となります。

量や具材を要チェック!チャーハンのカロリーを減らす方法

チャーハンのカロリーを減らすもっとも簡単な方法は量を少なくすることです。メニューにハーフサイズがある店も多いですし、ラーメンとのセットの場合はもとから単品より少なめになっているケースもあります。チャーハンの種類が複数ある店で好きなものを選べるなら、肉類があまり入っていないヘルシーなものを選択するとよいでしょう。たとえば、レタスのような野菜のチャーハンもよくありますし、エビやイカといった魚介類のチャーハンも人気があります。

動物性ではなくオリーブオイルなどの植物性の油を使用している店で食べるという手段もあります。健康志向の高まりにつれて、カロリーの少ない油を使っていることを明示する店も増えてきました。ただし、どのようなチャーハンでも米がメインであることに違いはありません。そのため、事前に糖質の吸収をセーブする働きがある食物繊維を摂取するのが理想です。ラーメットとのセットにサラダも付いていれば、そちらを先に食べるようにしましょう。付いていない場合は、単品で野菜類のメニューも注文するのが望ましいです。

セットにするとカロリーは跳ね上がる!体への影響を少なくする工夫をしよう

ラーメンとチャーハンを同時に食べると、麺と米によって大量の糖質を摂取することになりますし、たいていの場合は1000kcalを超えてしまいます。そのため、スープをあまり飲まないようにしたり具材に気を使ったりするような工夫が大切です。お腹が空いていると魅力的に感じやすいセットですが、そんなときでも体への影響を第一に考えるようにしましょう。

-中華料理
-, , ,

関連記事

ラーメンライスは高カロリー?糖質を踏まえてダイエットに役立てよう

ダイエット中は、食事メニューのカロリー計算が不可欠です。特に、糖質や脂肪の多い食品に関しては注意して摂取しましょう。ダイエットの妨げになるイメージが強いメニューとしてラーメンが挙げられます。ライスとの …

冷麺のカロリーと糖質は?ダイエット中に食べていいメニューなのか

ダイエットをしていると、食事のカロリーや糖質は気にしないといけません。たとえば、「冷麺」にはヘルシーで食べやすいイメージがあります。ただし、本当にダイエットの妨げにならないのか慎重に調べてから食べるよ …

日高屋のラーメンのカロリーはどのくらい?

目次 日高屋とは?日高屋のラーメンのカロリー情報日高屋のラーメンのアレルギー情報(特定原材料 7品目)日高屋のラーメンのアレルギー情報(特定原材料に準ずるもの 20品目)参照日高屋の店舗の一覧 日高屋 …

チャーハンのカロリーと糖質はどのくらい?食べる際に気をつけるべきポイント

中華料理で出されるごはん料理の代表格であるチャーハン。ラーメンとセットで頼む人も多いのではないでしょうか。そんなチャーハンですが、油を多く使うことからカロリーが高いのが特徴です。またチャーハンは炭水化 …

パスタやラーメンに含まれるカロリーや糖質はどれぐらい?ダイエットに効果的な食べ方は?

パスタやラーメンは、どちらも炭水化物が多く含まれているため、ダイエットには向いていない食事だといわれています。しかし、実際にどれぐらいカロリーや糖質が含まれているのでしょうか。そこで、この記事ではパス …