カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。

中華料理

カップラーメンのカロリーが気になる!?できるだけ太らない食べ方

投稿日:

カップラーメンは安価で手軽に食べられるので、急がしいときの食事や小腹がすいたときにピッタリです。しかし、ダイエットに専念していたり、健康に気を使っていたりすると、カロリーが気になります。この記事では、カップラーメンのカロリーやそのほかの栄養素についての説明と、できるだけ太らない食べ方などを説明していきます。

カップラーメンのカロリーについて

カップラーメンのカロリーは、一般的に300~500kcalのものが多くあります。成人女性の場合、1日に摂取するカロリーの目安はおおよそ1800kcalといわれているので、数値を見るとそれほど高いとは言えません。300kcal程度のカップラーメンの場合、カロリーだけを見ると、どちらかと言えばダイエット向きと言えるでしょう。300kcal程度のカップラーメンは、カップラーメンのなかでも塩分が控えめで、脂質も少ないほうです。種類によってもさまざまですが、500kcal以上のカップラーメンは味つけが濃く、塩分が多いものや背脂を強調するような脂質が多いものになります。あっさりとした醤油ラーメンやわかめラーメンは比較的低カロリーのものが多い傾向です。

カップラーメンはカロリーよりも糖質・脂質が高い

カップラーメンはカロリーだけを見ると、それほど高くないと説明しましたが、注意しなければならないことがあります。それは、糖質・脂質が高いという点です。一般的にラーメンが太りやすいといわれるのは、糖質・脂質を同時に摂取してしまうからです。ただ、すべてのカップラーメンが糖質・脂質が高いということではなく、ダイエット向けに低糖質・低脂質にしているものもあります。

カップラーメンは栄養素が少ない

カップラーメンには糖質・脂質が多く含まれている傾向ですが、栄養素が少ないという点があります。特に必要な栄養素が少ないため、これらを補うためには、ほかの食材から摂取しなくてはなりません。ダイエットを成功させるためにカロリーを抑えても、ミネラル、ビタミン、タンパク質といった栄養素が不足していると逆に痩せにくくなってしまうのです。

太らないカップラーメンの食べ方

カップラーメンをダイエット中に食べるのは問題ないですが、糖質・脂質が多く、栄養素が少ないため、それらのデメリットを解消する必要があります。下記のような点に気をつけながら食べるようにしましょう。

#食事に卵を加える
卵は完全食品と呼ばれているので、カップラーメンに不足している栄養素を補ってくれます。卵には、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB12といったようなさまざまな栄養素が含まれています。卵があるとないとでは栄養バランスが大きく違ってくるので、カップラーメンを食べるときに一緒に食べるのがおすすめです。

#スープはできるだけ飲まない
カップラーメンのスープのなかには、糖質や脂質、塩分といったダイエットにデメリットになる栄養素がたくさん入っているので、できるだけ摂取するのは辞めましょう。スープを飲まないことで、カロリーを抑える効果にもつながります。

#野菜を一緒に食べる
カップラーメンは野菜がほとんど含まれていないので、麺と一緒に野菜を食べるのがおすすめです。ホウレン草やキャベツはダイエット向きの野菜で、太らないうえに健康によい栄養もたくさん含まれています。

#水分をとる
カップラーメンは塩分が高く、血管に負担をかけてしまう可能性があります。水分をとることで、塩分濃度を薄め、血管への負担を少なくしてくれるので、適度に水を飲むようにしましょう。

#カップラーメンとご飯は一緒に食べない
ご飯は糖質とカロリーが高く含まれていて、ダイエット中にカップラーメンと一緒に食べることで太る原因になるので厳禁です。

ダイエットをしたいときのカップラーメンの選び方

ダイエット中にカップラーメンを食べるなら、下記の点をふまえ、選び方にも気を配りましょう。

#カロリーが低いものを選ぶ
カップラーメンのなかには、ダイエット用などに開発された低カロリーの商品も多く出回っています。スーパーやコンビニでも低カロリーのものが必ずひとつは陳列されているのではないでしょうか。低カロリーのカップラーメンは、太らないようにしっかり栄養素を考慮して開発されているので、ダイエット中におすすめです。

#麺はノンフライのものを選ぶ
カップラーメンの麺は、一般的にノンフライ麺と油揚げ麺の2種類があります。カロリーはノンフライ麺のほうが低いので、ダイエット中で太りたくない人におすすめです。

#野菜をトッピングしやすいものを選ぶ
カップラーメンと野菜を分けて食べるのもよいですが、面倒だという人はそのままカップラーメンと混ぜて食べるのもよいでしょう。カップラーメンには野菜があまり入っていないので、一緒に混ぜることで彩も増して食べやすくなります。野菜ラーメンにするなど、自分のオリジナルのカップラーメンを作ってみてはいかがでしょうか。

カップラーメンの中にも低カロリーのものがある。ダイエット中は食べ方にも気をつける!

安価で手軽に食べることができるカップラーメンは、種類によってカロリーに違いがあります。ダイエット中でカロリーが気になる場合は、200~300kcalのノンフライ麺を選ぶようにしましょう。そして、スープは飲まない、ご飯と一緒に食べない、野菜を一緒に食べるなど、食べ方にも気を使うことでダイエット中でも問題なく食べられるようになります。”

-中華料理

関連記事

ラーメンライスは高カロリー?糖質を踏まえてダイエットに役立てよう

ダイエット中は、食事メニューのカロリー計算が不可欠です。特に、糖質や脂肪の多い食品に関しては注意して摂取しましょう。ダイエットの妨げになるイメージが強いメニューとしてラーメンが挙げられます。ライスとの …

【ラーメン】スープのカロリーと減らす方法

ラーメンといえばカロリーが高い食べ物の代表的存在といえます。ラーメンのカロリーが高い原因は麺やトッピングなどの具材による影響が大きいことが挙げられますが、ラーメンのスープにも健康に悪影響を与えるような …

パスタやラーメンに含まれるカロリーや糖質はどれぐらい?ダイエットに効果的な食べ方は?

パスタやラーメンは、どちらも炭水化物が多く含まれているため、ダイエットには向いていない食事だといわれています。しかし、実際にどれぐらいカロリーや糖質が含まれているのでしょうか。そこで、この記事ではパス …

つけ麺の糖質はどのくらい?太りにくい食べ方を徹底検証

つけ麺は、麺類のなかでも特に人気の高いメニューで、街ではたくさんのつけ麺専門店がしのぎを削っています。なかには、ラーメンよりつけ麺のほうが好きという方も多いでしょう。しかし、つけ麺は糖質が高く、あまり …

ラーメン1杯の糖質は角砂糖何個分?

ラーメンは、多くの人たちの舌を魅了し数ある食品の中でも非常に人気の高いメニューです。主食のメニューとしてはもちろん、お酒を飲んだ後などのシメの1杯としても愛されています。しかし、ラーメンは糖質がとても …