カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。

中華料理

【中華】カロリーの低い中華料理とは?

投稿日:

安くおいしく食べられるものの代表格といえば中華

中華料理は油を多く使う料理ということからカロリーが高いと思われがちですが、野菜を使ったメニューはカロリーが低くダイエットや減量中でも食べることができます。

野菜を多く使ったカロリーの低い中華を食べる

中華料理は油を多く使うことからカロリーが高いと思われがちです。ですがその代わり、中華料理は野菜をふんだんに使うことから日ごろの野菜不足を補うことができます。バランスよくカロリーの低い中華を食べることで、カロリーを抑えつつ野菜不足を解消しましょう。

この組み合わせは厳禁!カロリーと糖質が高い中華料理

野菜をふんだんに使う中華料理でもカロリーが高い料理も存在します。特に炭水化物の組み合わせは特に危険です。例えば、ランチのセットメニューでよくあるラーメンとごはんの組み合わせ。どちらもよく合う食べ物でボリュームもあり満足感の高い中華料理ですが、ラーメンの麺とごはんは炭水化物です。またラーメンのスープは塩分やカロリーも高いため、注意が必要です。

カロリーの低い中華料理:レバニラ炒め

カロリーの低い中華料理の代表格は「レバニラ炒め」です。一見すると油を使った肉料理という感じがしますが、実際の一人前あたりのカロリーは170~300kcalとカロリーが低くとてもヘルシー。さらにカロリーを低くしたい場合はレバーを通常使われる豚レバーから鶏レバーにすることでさらにカロリーを低くすることができます。またニラにもアリシンという成分が多く含まれており、日ごろの疲れをいやす効果もあります。アリシンには免疫予防の効果もあることから病気予防にも最適です。

カロリーの低い中華料理: チンジャオロース

野菜を多く使った中華料理といえばチンジャオロース。その野菜の多さの通り、カロリーは300kcal程度です。通常、牛のもも肉を使うことが多いですが、豚肉にすることでさらにカロリーを減らすこともできます。

ウーロン茶などを組み合わせる

野菜メインの中華料理を食べてもやはり気になるのは油です。中華油はお店によってはカロリーも高く、コレステロール値にも悪影響を与えてしまうおそれがあります。そこで、それら油の吸収を抑えるために最適なのがウーロン茶をはじめとした中国茶です。中華料理店ではほとんど置いてあり、それらと一緒に中華料理を食べることで脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

まとめ

・中華料理を食べる際には野菜が多いものを注文する
・自分で作るときは牛を豚や鶏で代用しさらにカロリーを低くする
・ウーロン茶など中国茶を合わせて飲むことで脂肪の吸収を抑える

-中華料理
-, ,

関連記事

くるまやラーメンのカロリーはどのくらい?

くるまやラーメンとは? くるまやラーメンは、東京都足立区綾瀬を本社とする、フランチャイズ展開を行うラーメンのチェーン店です。 ラーメンメニューは、太麺でニンニク入りの「味噌ラーメン」「塩ラーメン」「醤 …

ラーメンのカロリーで気をつけるべきは麺?麺のカロリーはどのくらい?

ラーメンはカロリーの高い食べ物で有名ですが、そのラーメンのカロリーの中で最も高い部分を占めるのは麺というのはあまり知られていないことです。ラーメンのカロリーが気になる方はラーメンの麺の量を減らすことで …

ラーメンのカロリーはどのくらい?上手に工夫してカロリーを減らそう

ラーメンはカロリーが多く含まれている料理ですが、現在幅広い層から人気を得ており空前のラーメンブームが巻き起こっています。そんなラーメンをこよなく愛するラーメン愛好家の方であってもやはりカロリーは気にな …

ラーメンとライスのカロリーは合わせてどのくらい?

ラーメンとついつい一緒に頼んでしまうサイドメニューの一つがライスです。家系ラーメンを中心にライスが無料で提供されているなど、気軽にたべられるメニューです。ですが、ラーメンもライスも典型的な炭水化物であ …

8番ラーメンのカロリーはどのくらい?

野菜らーめん(味噌)のカロリー アレルギー情報 ●特定原材料 7品目 小麦 ○ 卵 ○ 乳製品   そば   落花生   えび   かに   ●特定原 …