カロリー計算

日々の食事のカロリー管理や、毎日の運動の記録・ダイエット体重管理のためにご活用ください。 食材や料理ごとカロリー計算や、栄養成分・アレルギー食材などの情報も参照いただけます。一部の記事では管理栄養士による健康、ダイエット、美容情報などを発信しております!

パン

食パンのカロリーと糖質はどのくらい一緒に食べると良いおかずもご紹介

投稿日:

はじめに

定番の朝食といえば食パン。毎朝、朝ごはんとして食パンを食べられる方も多いのではないでしょうか?そんな食パンですが、食パンはお米と並ぶ炭水化物の代表格。昨今、炭水化物は太る、といったようなイメージが強く食パンのカロリーや糖質を気にされている方も多いのではないでしょうか。今回は食パンのカロリーと糖質に焦点を当てたいと思います。

糖質とカロリーの違い

よく聞く糖質とカロリー。これらの違いは意外にもよく知られていません。
糖質とカロリーの関係は燃焼が関係しています。まず我々の身体は糖分から優先的に燃焼しようとします。すると脂質の燃焼が後回しにされ、結果として燃焼されず身体に残存されてしまいます。よっていくらカロリーを抑えた食事をしようとも糖質をとりすぎてしまってはあまり意味がありません。カロリーだけでなく糖質も意識した食事を摂りましょう。

食パンの気になるカロリーは?

食パンは100gあたり260kcal.です。
食パン自体のカロリーは低めですが、バターやフルーツ系などのジャムなどはカロリーが高いため、食パン自体のカロリーが低いからといってつけすぎは注意です。

食パンの糖質

食パンの一切れあたりの糖質は約26g程度となっています。ごはんは100gあたり36.8gとなっており、ごはんのほうが糖分の量は多く含まれています。糖分を含むということは肥満の原因になりやすく、カロリーが低いからといって食べ過ぎは厳禁。特にパンは洋食と一緒に食べる機会が多く、洋食は和食に比べてカロリーの高い食べ物が多く、また糖分なども比較的高いものが多いので気を付けましょう。パンを食べるときはなるべくカロリーの少ないジャムやおかずと一緒に食べるようにしましょう。

パンと一緒に食べるべき食べ物は?

パンのカロリーがごはんに比べて高い理由は、水分含有量が多いためです。最も気を付けなければならない点は一緒に食べるおかずです。ごはんを朝食で食べる場合、和食がベースとなることが多いため全体としてヘルシーになります。一方で洋食の場合はベーコンエッグやウィンナーなどカロリーが高いおかずが多くなる傾向にあります。よってパンを食べる際にはなるべくカロリーが低く糖質も低いものを選ぶようにしましょう。具体的には野菜サラダや鶏肉のササミなどを食べるようにすると栄養も補填できます。また、最近ではより低カロリー低脂質な食パンなども手軽に入手できるので、それらを活用するのもよいでしょう。

まとめ

・パンとごはんではパンのほうがカロリーが高い
・パンのカロリーが高いのはごはんに比べて水分量がおおいため
・パンを食べる際には低カロリー低脂質を意識したおかずにする
 例)鶏肉や野菜サラダなど

The following two tabs change content below.
カロリー計算編集部

カロリー計算編集部

カロリー計算編集部です。 皆様のお役に立てるような情報を日々発信しています!

-パン
-, ,

関連記事

クロワッサンの気になるカロリーと糖質

パンの王道中の王道であるクロワッサン。パン屋さんに行くとクロワッサンを買うという方も多いのではないでしょうか。 クロワッサンはフランス発祥のパンで、生地にバターを練りこんで作り、その特徴は香ばしい香り …